認知症専門員マリア・バリストロムの来日が決定!!

皆様、こんにちは!
SQCのエーミルです。

本日は、認知症の専門員である「マリア・バリストロムさん」の来日についてのお知らせです!
認知症ケアの分野で20年以上の経験、准看護師でシルヴィアシスターの称号を持ち、認知症ケア
分野の専門職としてケア職員の指導や研修などに携わっているマリア・バリストロムさんが
2016年11月12日~11月21日での来日が決定しました!
11月12日~13日(新潟)、 11月17日(東京)、11月18日~11月19日(大分) へSQCのエーミルと共に日本に滞在する予定です。講演会では、認知症緩和ケアの講演やハプティックセラピーの実践方法など幅広くお伝えさせていただきます。
また、11月14日~16日、20日~21日の期間におきましては、お客様のご要望に合わせ柔軟にご対
応いたしますので、短期セミナー・1日講演・半日講演など、どしどしご連絡いただければ幸いです。

<お問い合わせ先>
担当:エーミル・オストベリ
メール:info@swedishqualitycare.jp
Facebook:https://www.facebook.com/swedishqualitycare.jp/

11014899_843012029152868_1601654983317396872_n-2-1

【マリア・バリストロム】

准看護師でシルヴィアシスターの称号を持ち、認知症ケア分野の専門職としてケア職員の指導や研修などに携わる。 認知症ケアの分野で20年以上の経験を持ち、スウェーデンの高齢者施設、グループホームやホームヘルパーの実績を持つ。また、2006年には日本へ訪れ、約1年半ほど東京に滞在。東京を拠点として各地に赴き、スウェーデンの認知症緩和ケア及びタクティールケアを指導した。現在はスウェーデンの高齢者施設を経営している民間会社に勤め、高齢者達の介護をする傍ら、スウェーデン国内の施設で認知症ケアについての講演会、認知症になった高齢者の家族に対しての教育活動なども行っている。