視察レポート・アンケート」カテゴリーアーカイブ

【視察レポート】スウェーデンの高齢者施設は自立がモットー

スウェーデンの高齢者施設では利用者の自立が柱となる介護を提供

『2019年5月20日投稿』

皆さん、こんにちは!

日に日に暖かい陽気になってきたストックホルムに日本から正看護師や介護職の方々が視察にいらっしゃいました。

今回は、アットホームな認知症の方のグループホームやホームヘルプサービスを見学しました。正看護師主導によるケア体制や様々な介護用具を使用し自立支援を促す介護方法など、スウェーデン流の介護について学んで頂ける機会となりました。

1. 視察の始まりは福祉のスウェーデンモデルについてのレクチャーから!!

認知症ケアと高齢者福祉のスウェーデンモデルについて、日本との比較を交えながらレクチャーが行われました。レクチャーを終えた参加者は、看取り看護が主流のスウェーデンの介護事情について「日本よりも20年〜30年先を進んでる印象を受けた。」とおっしゃっていました。

2. 湖のそばの自然豊かなグループホームを訪問!

現場ではもちろん、認知症看護について介護者や患者家族に講演会を行うなど介護指導者としても活躍する施設長ヴィエラさんにお話を伺いました。こちらの施設では、

「入居者がやりたいことを大切にする」
「薬よりも各々にあった精神的なケアを行う」

など、患者さん目線でのケアを常に意識しサービスを提供しているそうです。参加者の皆さんはとても熱心にヴィエラさんのお話に聞き入っていました。

3.ストックホルム中心部にある施設で入居者の食事に対するケアなど視察

利用者の満足度が高く、スウェーデンの公的調査でランキング上位に入る施設を見学しました。この施設では、料理の質を保つため独自のレシピを定める、朝食は介護職員が担当入居者のために手作りするなど、食事を通してのケアも大事にしています。

開放感あるバルコニーなど都市部に位置しながらも、入居者がのんびりと過ごせるような工夫がされている施設です。

4. デイアクティビティセンターにて入居者との交流

ストックホルム郊外にあるデイアクティビティセンターで、利用者がどのような1日を過ごされるかを見学しました。利用者が行うアクティビティの内容は、陶芸、木工、体操など多岐に渡って提供されています。陶芸担当の准看護師さんからもお話を聞くことができました。

参加者の方々は、木工の道具の種類の多さや、陶芸用に独自の釜があることなど、利用者が自由に創作活動ができることに関心を寄せられていました。またこの日は、お茶の時間にお邪魔させて頂きお話を聞いたり、座ったままでできる体操を一緒に行うなど、利用者と交流する機会を持つことができました。

5.スウェーデンのホームヘルプサービスの現場訪問!!

サービス利用者が、自分でできることは自分で行い、それをサポートするホームヘルプサービスを視察しました。こちらのサービスでは、起床時にベッドから起き上がること、トイレなど全ての日常生活の基本動作を利用者本人で行えるように様々な介護器具を使ってサポートしています。起床時など、どのようにベッドから起き上がり、トイレまで行くのかを見せてもらいました。

スウェーデンで使用されている介護者の負担を軽減できる器具の数々も体験しました。

6.視察の終わりは・・・

参加者の皆様、視察中は熱心にメモを取られたり、質問されるなど意欲的に参加されていました。バス移動の際には、スウェーデンの教育、移民問題、税金など福祉以外のトピックについてもお話する機会がありました。

2日に渡った視察の終了時にはビールで乾杯をし、労をねぎらいました!今回の参加者の皆様からは、学びやすく分かりやすい視察プログラムだったとの嬉しいコメントを頂きました。視察に参加された皆様、本当にお疲れ様でした!またいつかお会いできるのを楽しみにしています。どうもありがとうございました!

ストックホルムでの高齢者福祉施設訪問開催

先週、東京の社会福祉法人施設から6名の方がストックホルムに視察にいらっしゃいました。

滞在期間中、SQCにてエーミルによる研修が行われたり、いくつかの介護施設を訪れました。

【初日のレクチャーの様子】

時折質疑応答も交えながらエーミルによるスウェーデンの福祉についてのレクチャーを熱心に聞いておられました。

【介護福祉施設への訪問】

10月中旬でしたが例年より暖かく秋の気候が感じられました。紅葉も綺麗です。

最初に訪問した認知症介護施設では施設長による福祉についてや仕事内容などのレクチャー、そして施設案内などもしていただきました。

利用者さんと職員による落ち葉(白樺の葉)での工作。バラを作っていたようです。

施設長による施設案内。

途中昼食をはさみ、次の施設へ移動しました。

ここは一番目の施設とまた雰囲気が違いました。アーチ型住居でおもしろいですね。ここでも施設長によるレクチャーや施設案内、また利用者さんとFIKAをしたり(コーヒータイム)日本からのお土産を渡して遊んだり利用者さんもとても喜んで暖かく迎えてくださりました。

ちょうどこの日はセラピー犬の訪問日でした。とってもかわいくて利口なミーオ。寂しそうなポーズなどちょっとした芸を披露していましたよ。利用者のみなさんはセラピー犬の訪問の日をとても待ち遠しくしているそうです。スウェーデンの介護施設ではなんと職員の飼っている犬を時々連れてきたりもするそうです。

利用者さんが普段立ち上がるときなどに使用しているベルトをお借りして試させてもらいました。スウェーデンでは立ち上がるときなどサポートするときは脇の下をささえて持ち上げるのではなく、こういった腰のベルトなどを使い腰を持って補助します。

 

朝早かったり長い移動時間だったりと長い一日でしたがみなさんとても満足して勉強になったとおっしゃっていました。

2018ストックホルム実習者へのアンケート

今回の実習・研修が始まる前に、参加者の皆さまにアンケートのご協力をいただきました。実習後にはどの様な回答が得られるか楽しみです。アンケートの一部を皆さまへご紹介します!

スウェーデン実習・研修参加者アンケート回答

1.今回の実習・研修に参加された理由は何ですか?
・スウェーデンの高齢者は施設でも楽しそうに過ごしていると聞いて、日本とどのように介護が異なるのか探ってみたいと思った。(看護師)
・スウェーデンの医療、介護を学び、良い医療介護を提供できるように、また自分のスキルアップに目標に。前回体験された方々からの話を聞いて、単純に自分自身の肌で感じてみたいと思いました。(介護福祉士)
・福祉の先進国と言われているスウェーデンの福祉モデルを学び、日本で良い介護サービスを提供するため。(看護師)

2.今回の実習・研修で期待することは何ですか?
・スウェーデンでの介護、医療等良い部分をたくさん吸収し、日本のそれの良い部分を改めて見つめなおす。(医師)
・高齢者(認知症がある方も含)がどのように穏やかに過ごしているのか、スタッフはどのように対応しているのか。在宅で過ごしている要介護者はどのようなサービス内容を受けているのかなどを知りたい。(看護師)
・現場に入って実際に個々のサービスの対応の仕方を学んでいき、また高齢者にとって良い環境を提供できているのは何故かを見て感じられたら良いです。(介護福祉士)

3.今回の実習・研修で学びたい事は何ですか?
・一番はスウェーデンでの高齢者に対する思いや楽しませられるための方法や、プラスにもっていく事のできる発想がどうやって生まれ、それをどのようにして高齢者の為に実践できているのかを実習中に体験していきたいです。(介護福祉士)
・認知症ケア、外国人スタッフへの教育・関わり方、看取りケア、ゆったりとした雰囲気がどこからきているのか。(看護師)
・精神科の入院から地域への流れの歴史的な移り変わりと、そのエネルギー源(社会環境的と原動力)を知りたい。(医師)

 

2018年ストックホルム実習・研修プログラム開催

昨年も実施しております、ストックホルム実習・研修プログラムが今年も開催されました。
今回の実習に参加される9名の方々はそれぞれ職種が分かれておりましたので、実習先も職種に合わせてコーディネートをしました。
初日はSQCのエーミルによるスウェーデンにおける高齢者福祉に関するレクチャーの開催。レクチャーでは皆さんがそれぞれ質問をしており、今回の実習にかける意気込みが感じられました。

これから4週間にかけて、実習・研修が開始しますので、今後も随時レポートしていきたいと思います。

スウェーデンの学童保育研修が行われました!!

今回のツアーでは、日本で学童保育に携わる方々の参加による『スウェーデンの学童保育について』をテーマに研修が開催されました。

初日は施設訪問前に、エーミルによるスウェーデンの学童保育についての講義が行われました。
ここでは半日の研修となりましたが、皆さんからたくさんの質問があり、とても熱心にメモを取っていました。

2日目はストックホルム市職員より学童についての行政のお話を聞きました。その後先生の組合に行き学童保育についてのお話を聞きました。

3日目午前中はストックホルム大学に行き、学童保育プログラム責任者よりお話を聞きました。午後からはGrimstaskolanグリムスタスコーラン(小・中学高)を訪問し、実際にどのような学童保育が行われているか見学してきました。
学校内には、学童保育の際に作成された作品が飾られていました。そして学校内の子供たちから笑顔で「こんにちは!」とツアー参加者へ日本語で声をかけていたのが、とても印象的でした。
まずは学校の学童保育の副校長HeleneよりGrimstaskolanの学童保育についてのレクチャーを受けました。

皆さんここでもとても熱心にメモを取っていらっしゃいました。
途中休憩も兼ねて、少し皆さんでゲームをしました。まず、Heleneがエーミルと見本を見せて
その後実際に皆さんでやってみました!
皆さんとても楽しそうでした。そして講義後には早速学校内を見学しました。

学童保育の部屋には、子供たちが書いた絵が飾られていました。こんな作品もありました。
学童保育の現場では実際に子供たちがダンスを踊ったり、工作していたり、縫物をしていたりと、とても楽しそうでした。またツアー参加者の方よりけん玉を子供たちへ披露したところ、とても興味を持ったようで、けん玉にチャレンジしたりして参加者の方も子供たちと楽しい交流ができました。

学校内のこちらの教室は0年生(小学校1年生の前のクラス)が使用しており、授業の後は学童保育室として使用されています。
また中学生が通う学童保育では、宿題の手伝いをしている先生もいました。ここでは週に1度数学の先生が来て、生徒からの質問を受けるそうです。

Grimstaskolanの施設はとても大きく教室数も多いのですが、日本の学童で使用されている部屋は狭くて小さいとの事で、皆さんこちらの学校環境がとても素晴らしいとおっしゃっていました。

最後に皆さんで記念撮影
担当者のHeleneは、皆さんからたくさんの質問を受け、またそれをそれぞれの方がメモを一生懸命取っている姿にとても感動していました。また参加された方々も子供たちから温かい歓迎を受けてとても喜んでいらっしゃいました。

高校生がスウェーデン研修にやってきました!!

昨年末に、千葉県より松尾高校の皆さんがストックホルムへいらっしゃいました。
皆さんはスウェーデンの福祉についての研修に参加され、研修期間には様々な場所を訪問しました。
まず第1日目は、スウェーデン福祉についてのレクチャーをSQCのエーミルよる行いました。
皆さん時差ぼけにも負けず、一生懸命エーミルの話を聞いていました。
最終日は、ストックホルム大学で日本語を学んでいるスウェーデンの学生さんと一緒に、大学を案内してもらい、一緒にFIKA(※お茶をする)をしてきました。
まずは地下鉄の駅で待ち合わせ、そこでご対面。

皆さんそれぞれ自己紹介をしました。
その後大学へ向かいました。
この日は気温も低く、大学敷地内もこんな景色でした。
敷地内で見つけた郵便ポストに日本へ手紙を送りました。
こちらのSTUDENTHUSETでは大学の情報や、大学オリジナルのグッズも販売されていました。

別の建物に移動します。

そこには大学の図書館やカフェがありました。そこでみんなでFIKAをしました。
はじめはぎこちない感じでしたが、時間がたつにつれてそれぞれが質問したり、日本のアーティストについて聞いたり等とても楽しい時間を過ごしていました。

そして最後にみなさんで一緒に記念撮影!
短い期間でしたが、皆さんそれぞれがとても良い時間を過ごされていたようでした。

 

スウェーデンの専門医師が日本の福祉現場にて指導しました

こんにちは、エーミルです。
私は昨年の11月に、スウェーデンから4つの専門をもつ医師ウラッブリッツ先生と日本の福祉現場を訪問しました。
彼女は、精神科、老年精神科、老年科、一般科の専門を持つユニークな方で、2016年にも日本を訪問しています。彼女はスウェーデンで老年精神科における難しい患者さんをもつ医師の指導やアドバイスを行っています。

今回日本で私たちは特別老人ホームやグループホーム、老人保健施設を訪問しました。
こちらの施設で働く正看護師さん達から、施設の患者さんに対して現在抱えている課題や問題についての詳細な相談(各患者さのん介護や医療について、また薬の処方詳細等について)受けました。そして実際それぞれの患者さんに会い、ウラブリッツ先生よりアドバイスや指導をしてもらいました。(薬の処方についてや介護について等)
ウラブリッツ先生は2016年にも同じ施設を訪問しており、その際にも患者さんに対しての指導やアドバイスを行っていました。今回の訪問で、同じ患者さんが前回訪問した時に比べて問題が解決して、良い方向へ改善されている事も分かりました。この事で患者さんの家族がとても喜んでいたのが印象的でした。

私は日本とスウェーデンの高齢者や障碍者のQOL(クオリティオブライフ)を高める事を目的としてこの仕事をしており、今回の様なウラブリッツ先生と一緒に施設を訪問して、高齢者の方が抱えている問題の解決策を提供できたことをうれしく思いました。
また今年の11月にもウラブリッツ先生と日本を訪問する予定ですので、この様なウラブリッツ先生からの指導に対してご興味がある方は是非お問合せいただければと思います。

    福祉・高齢者ケア 7日間視察ツアーレポート

    皆さんこんにちは!
    こちらストックホルムでは12月に入り、街中はすっかりクリスマスムードになっています。
    そんなクリスマスムード溢れるストックホルムへ、日本より福祉・高齢者ケアツアーに参加されている皆さまがいらっしゃいました。その様子を少しレポートさせていただきました。

    1日目
    初日はエーミルによる高齢者福祉等についてのセミナーが開催されました。
    施設見学前にこのセミナーを受ける事でスウェーデンの福祉制度等について理解し、見学時にとても役立つ内容となっています。

    皆さん真剣に聞いていらっしゃいました。

    その後、皆さんは視察先の施設へ向かわれました。

    ツアー最終日

    今回のツアーに参加された皆様が翌日帰国するので、最終日にはSQCのCEOビョーンの家に皆様をお招きして、さよならパーティーがありました。
    まずはビョーンより皆様への挨拶があり、その後シャンパンで乾杯!!

    皆さん楽しく交流されていました。

    その後、ディナーを食べにレストランへ移動し、食事とお酒を楽しみました。

    お酒もほどよく飲んで、皆さんとてもリラックスした様子でした。食事の間にも色々な質問が出たり、提案をいただいたりと、短い期間でしたが皆さんと楽しくお話できてとても良い時間が過ごせました。

    補助器具ワークショップ

    皆さんこんにちは。
    先月になりますが、日本より社会福祉法人 園盛会の皆様がSQCツアーに参加されました。
    皆さんは日々介護職員としてご活躍されているプロの方々で、今回はSQCプログラムの一つである「福祉補助器具のワークショップ」に参加されました。

    今回訪問したのは海沿いに建つ古い歴史を持つ建築物がそのまま使用されている施設Danvikshem
    (ダンヴィクスヘム)です。

    まずは施設内にあるちょっと変わった乗り物を体験しました。

    機会に世界中の住所を入力することで、モニターには実際にその場所を自転車で移動しているかの様な体験ができるというシステムで、施設利用者さんが自分が知っている道を再現し、楽しくトレーニングもできるというなかなか素晴らしいシステムでした。

    こちらのスヌーズレン室では、実際に皆さんに体験してもらいどういった効果があるかを確かめてもらいました。

    いよいよ施設スタッフの方による補助器具のレクチャーです。
    ここでは、まず皆さんそれぞれが体験してもらいました。

    日本にはない補助器具もありましたが、代用に使える物があることで、今後の介護の際に利用できるのでは?といった場面もありました。

    最後に施設スタッフとSQCのエーミルと皆さんで記念撮影!
    短い期間ですが、皆さんそれぞれが充実しておられた様でした。

    【北欧研修】法政大学

    皆さんこんにちは。
    毎年秋のシーズンに、SQCの学生研修プログラムへたくさんの方がスウェーデンにいらっしゃいます。そして、今回ご紹介する法政大学の学生さん達は、毎年SQCの研修に参加していただいております。今年度も皆さんとても元気で、楽しく参加されていました。
    本日はそのプログラムでも人気となっております、ストックホルム大学で日本語を勉強されているスウェーデン学生との交流会の様子をレポートしました。

    まずはそれぞれチームに分かれて夕飯を作ります。こちらのチームはミートボールを調理中です。

    サラダチームの皆さん、楽しそうですね。

    出来上がった料理をそれぞれ好きなように取り分けています。

    それではみんなで乾杯!

    その後、法政大学の学生さんよりスウェーデンの学生さんへプレゼントが渡されました。

    受け取った皆さんとても喜んでいました。

    楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後にみんなで記念撮影

    法政大学の皆さんは、ストックホルムに同日に到着していたのにも関わらず、とても元気で明るく学生さん同士積極的に交流をされていたようでした。今回のプログラムで、それぞれの学生の皆さんにとって有意義で楽しい時間となっていたようでした。