スウェーデンの専門医師が日本の福祉現場にて指導しました

こんにちは、エーミルです。
私は昨年の11月に、スウェーデンから4つの専門をもつ医師ウラッブリッツ先生と日本の福祉現場を訪問しました。
彼女は、精神科、老年精神科、老年科、一般科の専門を持つユニークな方で、2016年にも日本を訪問しています。彼女はスウェーデンで老年精神科における難しい患者さんをもつ医師の指導やアドバイスを行っています。

今回日本で私たちは特別老人ホームやグループホーム、老人保健施設を訪問しました。
こちらの施設で働く正看護師さん達から、施設の患者さんに対して現在抱えている課題や問題についての詳細な相談(各患者さのん介護や医療について、また薬の処方詳細等について)受けました。そして実際それぞれの患者さんに会い、ウラブリッツ先生よりアドバイスや指導をしてもらいました。(薬の処方についてや介護について等)
ウラブリッツ先生は2016年にも同じ施設を訪問しており、その際にも患者さんに対しての指導やアドバイスを行っていました。今回の訪問で、同じ患者さんが前回訪問した時に比べて問題が解決して、良い方向へ改善されている事も分かりました。この事で患者さんの家族がとても喜んでいたのが印象的でした。

私は日本とスウェーデンの高齢者や障碍者のQOL(クオリティオブライフ)を高める事を目的としてこの仕事をしており、今回の様なウラブリッツ先生と一緒に施設を訪問して、高齢者の方が抱えている問題の解決策を提供できたことをうれしく思いました。
また今年の11月にもウラブリッツ先生と日本を訪問する予定ですので、この様なウラブリッツ先生からの指導に対してご興味がある方は是非お問合せいただければと思います。