【ストックホルム実習プログラムへ新たに3名が参加されています!】

皆様こんにちは。
本日より3名の方がストックホルム実習プログラムへ参加されています。

3名の方々はそれぞれ違う職場よりお申込みをいただいており、職種も皆様ばらばらでのご参加となっております。
今回の実習プログラムへ参加された経緯等について、プログラム参加のお二人に少しだけお話していただきました。

今回職場が一緒で、部署が違うお二人での参加の只野さんと高橋さんへお話を伺いました。

質問

①今回の研修に参加された理由はなんですか?

②今回の研修で期待することはなんですか?

③今回の研修で学びたいことはなんですか?

只野さん
①職場からの依頼で参加しました。
②日本の場合は、患者さんに対して個別にサービス等を提供するのがマンパワー的に難しいので、それをこちらではどの様な方法で提供しているのか確認できればと思います。

高橋さん
①職場からの依頼で参加しました。
②スウェーデンの介護は充実していると聞いているので、実際にどういったところが充実しているのか確かめたいし、環境作りや雰囲気作りが日本とどう違うのかを見てみたいと思います。

③はお二人ともこちらで取り組まれている方法を確認し、日本へ帰国後各職場において取り入れられるものは取り入れていきたいと思いますとの事でした。

皆さん午前中にエーミルよる研修を受け、午後よりストックホルム市内を案内をしてもらうとのことでした。
これから2週間の研修が始まりますので、また随時リポートしようと思います。

SQCでは、個人プログラムとしてストックホルム実習プログラムをご用意しております。
こちらのプログラムにご興味がございましたら、こちらをご覧ください。

7月7日東京にてスウェーデン福祉セミナーを開催します!

皆さんこんにちは!
前回開催しましたスウェーデン福祉セミナー第2弾として、7月7日に『スウェーデンの高齢福祉と看取りケア』をテーマに開催します。

今回もSQCのエーミルが、スウェーデンにおける認知症緩和ケア、看取りケアの実例と、高齢者ケアの最新例について詳しくご説明させていただきます。

またセミナーではSQCが12月に予定している『福祉・高齢者ケア 7日間視察ツアー!』において、どの様なことを学び・体験できるかもお話させていただきます。
セミナー後にエーミルは参加者の皆様とご一緒に、居酒屋にて交流会も予定しております。

日時:7月7日(金)19:00~20:30
場所:株式会社 ツムラーレコーポレーション (北欧トラベル)
※参加ご希望の方は7月6日(木) 18:00までにお申込みが必要です。
詳細はこちらよりご覧ください。

皆様のご来場をお待ちしております!

【6月9日東京にてスウェーデン福祉セミナーを開催します!】

皆さんこんにちは。
突然ですがスウェーデンの労働市場において、障害を持つ人々へどの様な支援が行われているか興味がありませんか?
今回SQCのエーミルは「スウェーデンにおける障がい者の生活と就労支援について」をテーマにセミナーを開催します。
またセミナーではSQCが10月に予定している『障がい者の生き方と働き方にふれる6日間ツアー』において、どの様なことを学び・体験できるかもお話させていただきます。
セミナー後にエーミルは参加者の皆様とご一緒に、居酒屋にて交流会も予定しております。

日時:6月9日(金)19:00~20:30
場所:株式会社 ツムラーレコーポレーション (北欧トラベル)
※参加ご希望の方は6月8日までにお申込みが必要です。
詳細はこちらよりご覧ください。

CEOビョルン 台湾にて講演!!

先月末、SQCの社長のビョルンとSQC台湾スタッフのルイーセは台湾でスウェーデンの高齢者施設についてのセミナーを開催しました。またその際、台湾の厚生省副大臣Sen-Tien Tsai 氏にもお会いすることができました。

 

台湾の高齢者施設で働く人へスウェーデンの高齢者施設とケアについて講義をしました。

厚生省副大臣Sen-Tien Tsai氏と皆さんと共に記念撮影!

近年では中国からの視察の方もたくさん増えてきており、アジア圏でもスウェーデンの福祉について皆さん大変関心を示されているようです。

スウェーデン大使館での講演会のお知らせ

皆様、こんにちは!
こちらストックホルムでも王立公園では綺麗な桜が満開となっており、春が感じられる季節となりました。
さて来たる5月10日に、スウェーデン大使館におきまして、「スウェーデンの障がい者福祉について」をSQCのエーミルが講演させていただきます。
日時:5月10日(水)
場所:スウェーデン大使館
時間:18時~20時
講演会にご興味がございましたら、こちらにて詳細をご確認下さい。
たくさんのご来場をお待ちしております。

お詫びとお知らせ

以前より使用しておりましたサーバー変更に伴い、お問い合わせよりご連絡いただいておりました皆様からのメールが届いておりませんでした。大変お手数をお掛け致しますが、以前にお問い合わせ等を送っているのに連絡が無いといった方は、再度お送りいただけないでしょうか?
ツアーやセミナーについてのお問い合わせ等も確認の為、再度お送りいただければと思います。
皆様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、今後ともまたどうぞ宜しくお願い致します。

2017年も認知症専門員マリア・バリストロムが来日します!!

認知症の専門員であるマリア・バリストロムさんの来日についてのお知らせです!
認知症ケアの分野で20年以上の経験、准看護師でシルヴィアシスターの称号を持ち、認知症ケア
分野の専門職としてケア職員の指導や研修などに携わっているマリア・バリストロムさんが
2017年4月26日~4月30日での来日が決定しました!
SQCのエーミルと共に日本に滞在する予定です。講演会では、認知症緩和ケアの講演やハプティックセラピーの実践方法など幅広くお伝えさせていただきます。
講演会をご希望の方へこちらの期間におきましては、様々なご要望に合わせ柔軟にご対
応いたしますので、短期セミナー・1日講演・半日講演など、どしどしご連絡いただければ幸いです。

エーミル4月より4ヶ月日本滞在決定!!

2017年も早くも1ヶ月を過ぎようとしてます。冬の間のスウェーデンは日照時間がとても少ないのですが、日に日に少しづつ日が長くなってきているようで、早く暖かくならないかなあと首を長くして待ってます。

さて、タイトルでもお知らせしましたが今年4月より7月までの期間に、SQCのエーミルは日本へ滞在することになりました。4ヶ月の間に日本各地で講演会等を開催する予定となっております。
この機会にスウェーデンの福祉について、短期セミナーや講演会等、ご希望のお客様のご要望に合わせて柔軟にご対応させていただきたいと思います。どんな事ができるか?また費用や日程につきましても、下記フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております!

2016年も大変お世話になりました!

こんにちは。今年も残すところ僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
こちらストックホルムでは本格的な冬を向かえて日々寒さが増してきていますが、クリスマスのイルミネーションで街中とても綺麗で、寒さも少し和らぎます。

今年もSQCにとってたいへん実りのある年になりました。エーミルは今年4回日本へ来日し、約40箇所で講演会を行うことができました。その際に全国各地より約3000人のお客様にお会いすることができました。マリアさんが同行した認知症についての講演とハプティックセラピーもとても好評でした。これらは私達にとって、とても素晴らしい経験となりました。
また、スウェーデンへ日本からもたくさんの方々に訪問していただきました。ツアーでは児童施設への訪問、高齢者施設への訪問、障害者施設への訪問、企業訪問、建築関係への訪問等、その他たくさんの施設見学ツアーへ、医療介護福祉関係の方や、市町村からの視察、毎年来ていただいている大学生の方達や、今回初となる高校生の方達の訪問もあり、スウェーデンの福祉に関してたくさんの方々に色々な体験していただきました。
また、スウェーデン以外では今年からノルウェーでのツアーも開催しました。このツアーでは男女平等について、企業や国の機関を視察しました。
そしてSQCでは数年前より台湾支部ができたことで、台湾や中国からも視察ツアーでスウェーデンへ来ていただきました。その中で台湾の厚生労働大臣と医師の方々が、1週間スウェーデンの認知症介護の体制について視察をされて、今後台湾でスウェーデン式の認知症介護方式を取り入れていきたいとのご意見もいただきました。

2017年も今年の経験を生かし、更に皆様にご満足いただける様なツアーや研修内容に取り組み、今後も皆様のお役に立てる様な情報もお知らせしていきたいと思います。
また、2017年4月よりエーミルは4ヶ月程日本におりますので、講演会の際には全国各地でたくさんの方々にお会いできればと思っております。そして、来年度も好評をいただいておりますマリアさんの講演会も予定しております。

2017年も皆様にとって素晴らしい1年になることを心よりお祈り申しあげます。

高校生の北欧研修

皆さんこんにちは!
8月の終盤になり、ストックホルムではぐんと気温が下がり秋の気配が感じられます。短い北欧の夏は終わってしまったようです。

さて、先週ですが日本から高校生のグループがSQCの研修のためにストックホルムへいらっしゃいました。
3日間の研修では、高齢者施設やプリスクール等への訪問をしました。
2日目に訪問した高齢者施設では、若い日本人の学生さんが来てくれたことを利用者さん達はとても喜んでくれて、温かい歓迎を受けました。施設スタッフのかわいい犬も皆さんに挨拶してくれました。

ランチは高齢者の方々が利用する施設内のカフェテリアで、利用者さんが食べる食事と同じものをいただきました。

その後、施設スタッフの方に施設内を案内してもらいました。トレーニングルームや木工作業室、図書室、めずらしいはたおりの機械なども見せてもらいました。

とても天気が良かったので、施設利用者さんと一緒に近所を散歩もしました。

また外のテラスで利用者さんと一緒にFika(お茶をする)をしました。利用者さんから高校生の方達に「なぜ皆同じ服を着ているの?」や、「めがねをかけている人はいないね!」といった質問を受けたり、利用者さんの歌を聞いたりと、和やかな時間を過ごしました。

 

最終日にはストックホルムの高校生と大学生の方達との交流会がありました。
参加されたストックホルムの学生さんは皆さん上手な日本語を話せる方達でしたので、一緒に夕飯を作って食べ、楽しく交流することができました。

img_5395-3

今回SQCでは、初めて学生研修で高校生の方達に参加していただきました。
皆さん大変礼儀正しく、研修後は全員揃って「ありがとうございました!」と元気よく挨拶していただいたのが、とても印象的でした。皆さん今回の研修でたくさんの事を学び、感じていただけたのではないでしょうか。