補助器具ワークショップ

皆さんこんにちは。
先月になりますが、日本より社会福祉法人 園盛会の皆様がSQCツアーに参加されました。
皆さんは日々介護職員としてご活躍されているプロの方々で、今回はSQCプログラムの一つである「福祉補助器具のワークショップ」に参加されました。

今回訪問したのは海沿いに建つ古い歴史を持つ建築物がそのまま使用されている施設Danvikshem
(ダンヴィクスヘム)です。

まずは施設内にあるちょっと変わった乗り物を体験しました。

機会に世界中の住所を入力することで、モニターには実際にその場所を自転車で移動しているかの様な体験ができるというシステムで、施設利用者さんが自分が知っている道を再現し、楽しくトレーニングもできるというなかなか素晴らしいシステムでした。

こちらのスヌーズレン室では、実際に皆さんに体験してもらいどういった効果があるかを確かめてもらいました。

いよいよ施設スタッフの方による補助器具のレクチャーです。
ここでは、まず皆さんそれぞれが体験してもらいました。

日本にはない補助器具もありましたが、代用に使える物があることで、今後の介護の際に利用できるのでは?といった場面もありました。

最後に施設スタッフとSQCのエーミルと皆さんで記念撮影!
短い期間ですが、皆さんそれぞれが充実しておられた様でした。