スウェーデン福祉

db2c35ec6a138e816a972ec33a61ae77_s

スウェーデン福祉歴史

スウェーデンは18世紀まで貧困な社会でした。しかし19世紀には鉱山業、林業などが発達して経済状態が良くなり、同時に国民運動が盛んになりました。労働組合の力が強くなり労働者の環境が良くなるためのデモなども行われました。20世紀には労働組合より出た社会民主労働党の活動により、平等な社会にする動きが活発になりました。1930年代頃から社会民主労働党が政権を取り、その後改革により子供や高齢者、障害者にとって良い環境になるようになりました。