大学生・専門学校生向け研修

私たちがご用意する大学生・専門学校生向けの研修プログラムは、SQCスタッフが現地スウェーデンにて開催するセミナーや、最先端のスウェーデン式ケア等を通して、ご参加いただいた学生たちに、介護のあり方に対する高い意識を芽生えさせる事を目的としています。

研修プログラム中は、現地で専門性の高い通訳が同行いたしますので、疑問点やすぐに解決したい問題などがあった場合も、即座に対応させていただきます。そして、研修プログラムでは、スウェーデンの福祉や医療だけではなく、海外のスケールに触れることで得る「広い視野・視点」、様々な人との触れ合いで得る「コミュニケーション力」、自らの意見や考えを持つ「意志力」を学んでほしいと思っています。

また、現地スウェーデンの学生との交流の機会もありますので、学生たちとの交流会を通して、新しい友人との出会いや、日本とは異なるストックホルムの素敵な街並みや文化、多くの価値観に触れる事で、人生の視野を広げ、今後の人生で大きな力になってくれる事を祈っております。

様々な学科・専攻に対応する研修プログラム

s_dsc_8870-300x200-1

<学科例>
 社会福祉学科
 児童福祉・保育学科
 理学療法学科
 作業療法学科
 看護学科
 介護学科
 視能療法学科
 スポーツリハビリテーション学科
 歯学衛生・歯科技術学科 ・・・等

<1日モデルプログラム例>
9:00~11:00   SQCによるスウェーデン一般・政策・福祉・医療などのセミナー
11:30~12:30 昼食(高齢者施設のカフェテリアや障害者が働くレストランなど)
13:00~15:00 各学科に対応する訪問先にて見学
16:00~      スウェーデンの学生との交流会

s_dsc_2430-300x200    s_dsc_9014-300x200

s_dsc_90751-300x200-1    s_dsc_8941-300x200-1

s_dsc_9006-300x200    s_dsc_2398-300x200

北欧研修プログラムのツアー例

私たちSQCは、数多くの日本の学生にスウェーデンでの研修ツアーを手配しております。その中でも、今回は、法政大学現代福祉学部の福祉・高齢者ケア研修の1日の流れを簡単にご紹介します。こちらの記事よりご覧ください。また、学生インタビューも合わせて掲載しておりますので、こちらも合わせてご覧いただければと思います。

日本での学生向け講演会も随時開催!

SQCのジャパンエリアマネージャーであるエーミルは、年に何度も日本へ訪れ、日本の大学や専門学校などで、スウェーデンの高齢者福祉、障がい者福祉、児童福祉、医療等のテーマで研修を行っております。講演のテーマはご要望に合わせて随時調整させていただきますので、まずは一度お気軽に下記のお問い合わせボタンからご連絡ください。

s_dsc_8879-300x200

【日本での講演場所 一例】
・山形県立保健医療大学
・明治大学
・新潟青陵大学
・法政大学
・神戸親和女子大学
・神戸学院大学
・徳島健祥会福祉専門学校
・聖心女子大学 (2016年5月講演予定)
・龍谷大学(2016年5月講演予定)
・広島国際大学(2016年5月講演予定)

sqc_toiawase-300x65