住まい

e7c04a7c1dd4638c6fb4828864451c2c_s

高齢化が進み、老後の住まいをどうするかと、今後の住まいのあり方を考えている人が増えてきています。現在は、在宅はもちろん、状況によっていろいろな住まいの形があり、快適さや介護の状況、予算などによって様々な選択が出来るようになっています。

住み慣れた自宅に住む場合、健康の状態に合わせ、また不便さを改善し、あるいは福祉用具を用いるなど環境を整備して、安全で安心できる暮らしを続けることができます。

ladda-ned-1

介護が必要な高齢者への施設としては、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護型療養病床の三つがあります。このうち老人保健施設はリハビリが必要な人向けのもので、また療養病床は介護ケアだけではなく医療の治療が必要な人を対象にしています。

認知症の高齢者には、グループホームがあります。5~9人がケア職員により家庭的な環境の下で共同のケアを受けています。

いわゆる「有料老人ホーム」としては、施設が介護サービスを提供する「介護付き老人ホーム」、介護は別に契約する「住宅型」、さらに介護が必要になるまで居住できる「健康型」というタイプがあります。

この他に、介護サービスのついた賃貸の高齢者住宅や、バリアフリーなどの配慮がされた賃貸住宅なども最近増えてきました。