認知症

認知症とは何か

認知症は、以前は社会一般的に、ボケ老人や痴呆性老人などと呼ばれていましたが、現在は認知症という病気としてケアを受ける対象となっています。

認知症は、ある一つの症状ではなく、いくつもの症状が集まっている症候群です。また、それらの症状は、病気あるいは脳の神経細胞の障害によって引き起こされたもので、通常の老年医学上に見る加齢による老化の現象ではありません。

現在日本には170万人の認知症患者がいるといわれていますが、この傾向は上昇することが予想され、また以前のように特に高齢者に限らず、若年層の認知症患者が増加しています。

一般的に知られる「アルツハイマー病」は、認知症の様々な疾患の中で約半分を占め、最も多い病です。以前は高齢者に多く見られましたが、最近では若年層にもアルツハイマー病患者が増えてきています。そのため、超高齢者社会に突入した日本では、将来的にも認知症患者の増大が予想され、年金制度や保険制度や福祉の財源のあり方が問題化している中で、今後は認知症患者への対応やケアのあり方について広い範囲での議論や研究が必要になってくるでしょう。

様々な認知症疾患

認知症の種類は、大きく分けて次の3つに分類されます。

  1. 一次性認知症(脳内の神経細胞の欠損などによるもの)
    アルツハイマー病、認知症を伴うパーキンソン病、レビー小体型認知症、前頭側頭葉性認知症
  2. 血管性の認知症(血管の疾患あるいは損傷によるもの)
    脳卒中の後など、脳白質の疾患、血管炎など
  3. 二次性認知症(その他の要因によるもの)
    事故などによる脳の外傷、脳水腫、脳内感染、栄養の欠乏、脳腫瘍、過度のアルコール摂取による影響など

認知症の症状

認知症というと「ものを忘れる」、あるいは「今あったことを覚えてない」というように記憶の喪失ということと同じような意味に考えられる事がありますが、もちろん認知症の疾患は記憶だけではありません。様々な症状を分類すると、およそ次のように分けられます。

  1. 認知面の症状
    記憶、見当識、言語・計算、思考、失行、失認
  2. 精神的な症状
    うつ、不安や怖れ、攻撃性、妄想、幻覚、混乱
  3. 行動上の症状
    徘徊、収集癖、反復、大声で叫ぶ
  4. 身体的な症状
    失禁、硬直や拘縮、パーキンソン様症状

認知症とその対応

jwelfare_dementia2

認知症は通常の老齢化による症状と違い、認知的、行動的な症状など、身近な人にも中々理解が難しい症状を示します。また、特にアルツハイマー病は軽度な段階から徐々にその経過も進み、抑制剤などで症状はある程度抑えられても、やがては重度の状況に向かって行きます。お互いに理解できるコミュニケーションをとることも次第に困難になり、その方自身も家族にも負担が増えてきます。そのため、家族としてもアルツハイマー病にある患者の症状や認知症の進展について理解することは重要になります。

認知症の人への対応で大切なことのひとつに、その人の世界で対応するということが挙げられます。思い込み(妄想)や、そこにあるはずがないものが見える(幻視)あるいは聴こえる(幻聴)というものも、その人にとっては現実なもので、それを否定することはその人の存在も否定することにつながります。そのため、できるだけその人の世界で出会うことが、良い関係作りへの大切な要素になります。

認知症と緩和ケア

60年代にイギリスのシシリー・ソンダースが提唱した現代ホスピスの理念は、はじめはがん患者やエイズ患者などの終末期の緩和ケアとして、その後世界的に知られるようになりました。

スウェーデンでは、60年代にシルヴィア王妃が設立した「シルヴィアホーム」において、スウェーデンの世界的に著名なバールブロ・ベック・フリース教授の指導の下に、認知症の患者にも緩和ケアの理念によるケアを行う方法が体系づけられました。認知症は、現在の医療では完治できるものではなく、そのために認知症と診断された初期の段階から緩和ケアに基づいた対応を行い、家族も含めて最後まで高いQOLを目指すケアとして、その理念と方法は現在世界的に広がりつつあります。