4月27日 大阪にてハプティックセラピー研修会開催決定!

認知症ケアの分野で20年以上の経験、准看護師でシルヴィアシスターの称号を持ち、認知症ケア分野の専門職としてケア職員の指導や研修などに携わっているマリア・バリストロムさんが、大阪にてハプティックセラピー研修会を行います。今回もSQCのエーミルは通訳として同行します。


【ハプティックセラピー】
スウェーデンで開発されたマッサージの手法で、障害者ケア、高齢者ケア、認知症ケアと幅広い分野で活用されています。一般的な筋肉の疲労回復を目指したマッサージと違い、筋肉を強く押すのではなく、主に手や足、背中などを両手で撫でるようにマッサージするものです。受け取る側と行う側との間に、親密感と信頼感を生みだします。特に認知症や障がいを持つ人など周りとのコミュニケーションに困難を抱える人には、「自分が慈しみを受けている」、「今、人に認められている」という意味合いを感じることで、その人自身の自意識の向上に繋がり、その結果日常的な生活の QOLの向上に繋がります。マッサージを受けた後には、オキシトシンの分泌により、穏やかさや安心感を得られます。

ハプティックセラピー研修会
『ハプティックセラピーの理論と実技』
初級コース:背中 中級コース:手  講座終了後に、修了書発行
※スウェディッシュクオリティケア・ハプティックセラピーネットワーク発行
コース費用:初級コース2万5千円 中級コース:2万5千円
※法人会員・個人会員にお申し込みいただいた方は、各コース2万円となります。
会員費:法人会員1万円 個人会員3千円

主催:スウェーデン・クオリティケア
日程:4月27日(木)
時間:初級コース9時~12時 中級コース13時~16時
会場:ゆらっとステーション 大阪市住吉区万代東1丁目3番19号
大阪重症心身障害児者を支える会 TEL 06-6690-5360

皆様からのたくさんのお申し込みをお待ちしております!
お申し込み・お問い合わせ